タグアーカイブ: ニート

たまには普通の日記でも書いてみる。

 

年末年始の買いだめ完了!

東京はスーパーが休まず営業してくれてるから買いだめとか必要なかったりもする。
でも、混むし、品薄だし、年末年始価格が超ぼったくりだから買いだめは必須です。

本当は、ただ単純に引きこもりたいだけなんだけれども。

続きを読む »

広告

ニートを辞める宣言して3週間も経過した訳だが、この3週間何も仕事してないのです。
2週間で15万稼ぐ!とか豪語してたけど、売上ベースで今のところ0円です。

今日はなんでこんな事になってしまったか、って事を書こうと思った訳だけども、言ってしまえば言い訳でしかなく、やる気が起きなかったって言えばそれ以上は何もないことだけども、気持ちの整理的な意味を込めて書いていこうと思う。たぶん、そんな長くはならないはず。

まず始めに書く事は、ニートを辞める決断をしたのが約三週間前(その日のエントリー)、忘れもしないMacBookPro13inc. Retinaモデルの発表日の事で、事は更に数週間ほど遡ったところから始まる。

あるプロジェクトのお話があった。飛びついた。なぜか?面白そうだったから。他の理由は本当になかった。ただ、かつて無いほどの好奇心に駆られての即断だった。
もちろんその時は、ニートをまさか辞める決断をするなんて夢にも思ってはいなかったのだけれども。

(とまあ、書き出したはいいけど、何この三流小説みたいな始まりのくだりは・・・)

詳細を聞くにつれますます引き込まれていった。好奇心や探究心、なんかこうポジティブ的な何かが、自分の中にまだこんなに残っていたのかって驚くぐらい溢れ出してきた。これなら2年ぐらいは100%出し続けられるなと、本気で考えた。
私の中ではもうやる事に決定していたので、頭の中ではいくつもの形がどんどん組み上げられていった。と言って、私は選ばれる側の立場で、発案者や他の関係者との兼ね合いもあり、ドラマのようにとんとん拍子で事が運ぶ事も無く相も変わらないニート生活を続けていた。

そんな中、件のMBP13Retina発表とニート辞める宣言に至ったわけだ。その時は、頭の中の7割ぐらいそのプロジェクトで埋め尽くされていたわけだが、奇しくも宣言の翌日にプロジェクトは大きな転換を、進展を迎える事となった。
その日は生活習慣改善の一環で朝8時に起き、奇跡的に起きられ、Remember the Milkにこれからの指針となるToDoリストを作成していた。そんな時モバイルからメッセージの受信を告げる音が鳴った。
「今日会えるか」概ねこの内容で、これ以上に重要な事など無いメッセージが届いた。もちろん例のプロジェクトの話だ。この瞬間、私の中は100%それに書き換えられた。

そして、靄がかかっていた部分が晴れ、明確なビジョンが目前に現れた。急ピッチで私のなかでただの妄想だった形は具体的な目標に向けて組み直されていく。遙か遠くへあった目標が、そこまでの道が朧気にだが見えだした途端まだ無数にある道が確かなルートとして浮かび上がった。今朝書き出したタスクは一斉に優先順位を落とし、新たにすべき事が一気に浮かび上がる。とても書き切れないほどに。落ちた物の中にはMBP13Retinaの姿もあった。

そんな訳で、ニート辞めます宣言、2週間真面目に仕事します宣言、最短でMBP13Retina買います宣言は実のところ、その翌日には前言撤回すべき事態に陥っていたわけだった。
今さら感たっぷりだが、ぶっちゃけ、こんなこと忘れていた。Retinaの事は自分的にかなり優先度高なので忘れたってことはなかったけど、「今」である必要はないってことで少し後手に回していた。

このプロジェクトは完全にGOがでたわけではなく、今の所は私が勝手にいろいろ考えてるだけで、えーそうだなあ、はっきり言うとだけども、一銭のお金にもなっていない。つまり、この三週間のほとんどを費やした事での収益は0だ。
もっと言えば、今までニートを公言していた時にやっていた数々の事が、一点に集中しただけであって、やってる事は、生活はニートだ。
わたしはこういうのを仕事とは呼ばないので、結局3週間仕事もしないでニートしてたって結末だけが残る事になった。

今思えばだが、この集中力の1割でも他の分かりやすい直接的な売上に繋がる仕事に向けていれば、今この話を書くパソコンは型遅れのMBPではなく、眩いRetinaディスプレイになっていたかもしれないというだけの事。

とまあ、なんとも中途半端な言い訳であるようで、言い訳でもないような事だけれども、一度口にした事を覆すにはこれぐらいの戯れ言でも並べないと釣り合わないかなあと思って書いてみた次第。

ちなみに今の私の肩書きはニートではなく、Webクリエーター兼起業家です。でも生活は完全にニートのままです。
本当の言い訳としては、気持ち的にニートは辞めて、真面目に仕事の為の作業をしていて、その過程でRetinaちゃんは手に入れる計画だったので前言撤回なんてする必要なくない?って感じでした。ただ思ってた以上に期間が空いたので、理由を並べて晒して正しておこうと思った次第です。


たびたびブログでも書いているが、わたしは元々プログラマという職業を長く続けていた。

ある日目が覚めたらニートになっていた。とうわけではない。
徐々にニート化させていった、していった。というのが正解に近いと思う。

プログラマとして組織に所属するのを辞めてからは、ニートしてお金がやばくなったら仕事して、余裕ができたらニートして、といった具合に適当な生活をおくっていた。そんな中で少しずつお金を使わない生き方を模索していた。

繰り返しの生活を2年ぐらい続けた辺りで、仕事が猛烈に嫌になった。ちょうどプログラマの仕事以外にも安定した収入を得られるようになってきたところで、多い月は全部合わせて粗利で50万ぐらいにはなっていたかな。そのころはだいたい週に2~3日しか仕事はしていなかったので、いっそのこと全部辞めちまえっと思い至り、幸い口座の残高にもゆとりがあったので勢いでニートになる決心をしてみた。今持っているものを使い切るまで仕事はしないと心に決めた瞬間だった。

それから半年以上経った現在もニートを続けられている。少なくとも数ヶ月はこのまま働かなくても間違いなく生きていける状態だ。

仕事はしないといっても、自分が純粋に面白そうだと思った物は少しだけ仕事としてやったりもした。それも気軽にできる単発−2・3日で終わる1〜10万円程度の軽い−の案件だけだけど。

職業ニートになって2ヶ月ぐらいしたころ、月の出費を見て確信できた。これは続けられる。と。

全く仕事をしなくなると本当にお金を使う必要がなくなる。特に節約は意識していなかったが、自然とそうなった。見ての通り私は適当な、適当すぎる人間だが意外と家計簿なる物をつけている。zaimというAndroidとiPhoneで使えるシンプルな家計簿アプリを愛用している。こんな私にも使えるアプリを開発してくれた閑歳さんには心から感謝しています。http://www.zaim.co.jp/

ニートの前と後でzaimの履歴を見比べると、今までなんて無駄な金を使ってきたんだろうと思い知らされた。それまでの出費の大半を占めていた食費、煙草代、消耗品・雑貨(主に衝動買い)、飲み代、マッサージ代が半分以上消えていたのだ。これらのほとんどは仕事で必要な物と、仕事で貯まったストレスを発散させるための物でしかなかったといことだ。恐ろしいことに、これらの出費は仕事で得た収入の半分以上を費やしていたことに気づいてしまった。本末転倒としか言いようがないほどに、何のために仕事をしていたのか解らない事実がそこに転がっていた。

最初は仕事をしたくないという単純で後ろ向きな理由からニートになったが、今ではこれが仕事をしない理由の一つとなっている。

仕事をしたくない理由なんてものはいくらでもあったが、仕事をしない理由というものを考え始めたのはこのお金の事が切欠だった。

それから更にニートを続けていった中でもう一つ明確な仕事をしない理由が見えてきた。

それは時間だ。

時間があるないの単純なことではなく、時間の考え方、時間への対峙の仕方が一変した。

普通に会社に通って仕事をしていると、当たり前のように膨大な時間を浪費している現実を受け止めている人は少ないと思う。

大抵の場合、最低限これだけは消費していると思う。

労働時間8時間

休憩1時間

通勤1時間

朝の準備0.5時間

労働時間の中には、無駄な会議や、煙草休憩、打ち合わせの移動時間なども含まれる。

さらに労働時間は残業という非生産的で無効率な伝統と化した悪しき習慣でいくらにでも膨れあがる。

仕事後も飲み会というとても有意義で楽しい時間として消化される。

こうして残った1日の時間なんてものは飯食って風呂入ってちょっとテレビでもみれば瞬く間に消費され、1日が終了する。

片やニートの場合、1日は丸々24時間自由だ。明日は毎日休みだ。

仕事をしている人が何か仕事以外でやりたいことをやるには、何かの時間を切り捨てたり、やりたいことを絞って重要度の低い物を切り捨てたりせざる得ないと思う。まだ続きがしたいと思っても、明日も仕事だという現実が重くのしかかり諦めてしまう。

そうやって切り捨てたり、諦めたりすることは最善の選択に思えるかもしれないが、失ったものの中に本当に大事な物が無かったと言い切ることができるか自信を持って言える人はいないと思う。こういう話をして少しでも悩む時点でそれはもう無駄と言っていいと思う。

ニートは逆だ。やりたいことを思う存分しきっても時間が余るのだ。

余った時間は何でもできる。新たに興味を持つものを探してもいいし、好きなものをさらに探求してもいい。ただ漠然と受動的にテレビやネットから情報を拾い集めてもいい。何でもいい、何でもいいから何かをする限り、その先に必ず新しい何かが待っていると私は考えるようになった。

例えば私の場合、ニートになってニコニコ動画といサービスに膨大な時間を費やした。偽り誇張無く言わせてもらうと、1日12時間以上ニコ動してた時期もある。その時はひたすら過去のゲーム実況を見続けていた。それも何十回も続いたシリーズ物をだ。30分程度の動画でシリーズが30回ぐらいだとすると900分、15時間にもなるものを1日で全て視聴し終えたりしていた。たまたま見た動画が面白くてタグを辿っている内に数時間過ぎていたなんてざらだ。こたつで寝転がってにゃんこ動画を半日ずっとにやにやしながら眺め続けたりしたのは、まあいい思い出だと思ってる。ニコ動は初期の頃から全く見ないけど期待を込めてプレミア会員を継続してたのを、数ヶ月で数年間払い続けた月額料金の元を取っちゃった感じ。

これだけ書くと無駄に時間を浪費したように見えるけどそんなことはない。

ニコ動をきっかけに知ることができた多くのもののほんの一部を上げてみよう。
ゆっくり、東方、MinecraftとMinecraftのMod、Java、Android、ボーカロイド、歌い手さん達、生主さん達、ゲーム実況者さん達、名人様、視聴者様、荒らしと信者、割れ厨、civ5、モンハン、俺の屍を超えていけ、ワールドネバーランド、牧場物語、勇者のくせに生意気だ、Wizardry、World of Warcraft、ゼルダシリーズ、64マリオシリーズ、tasさん、縛り実況、MMD、踊り手さん達、著作権、JASRAC、、、

一息で思いつく限りでもこれだけある。これをきっかけに知って、自分なりに調べて、時には実践して本当にたくさんのことを学ぶことができた。たぶん普通の人生歩んでいたら一生接点がないまま終わっていた事がほとんどだと思う。知らない人からしてみれば、なんだそんなくだらないことって思われるかもしれない、少なくとも昔の自分はそう思っていた。でも、知ってみるとこういうことだったんだ、こんな歴史があったんだ、こういう人たちがたくさんいるんだ、と私の中で大きく世界が広がったと断言できる。

個別に何を知って、どう繋がって、何を得たのかということを語り出すと軽く本が数冊出来上がる勢いなので一つだけ、一応プログラマな私視点から見て一例を。

マイクラから入ってそこから派生したModの完成度の高さを見て、Javaを学んでみてJavaの指向の高さを知って、そこからAndroidアプリの開発に繋がったのは僥倖と言わざる得ない。正直飽きかけていたプログラミングという世界に一気に引き戻された。たかがゲームと思っていたものの先にこれほど広大な世界が広がっていようとは。

他にもそれぞれのきっかけから派生した好奇心と、それから得られた知識は語り尽くせないほどある。

気づかなかった、見落としていた、見ようとすらしていなかった世界を知られたのはニートの時間があったからこそのものだ。

限られた時間の中で洗練されて得られるものも確かにあるが、有り余る時間のなかでしか見つけられないものも確かにあるということが解った。一見無駄な時間の過ごし方でも、良く目を凝らせば磨くと光る原石はたくさん転がっているんだと。

悠久とも思える時間の中で、大悠な時間の捉え方知った。

こうしてお金と時間を見つめ直した私は職業ニートをどうどうと誇れるようになった。こういう思考に至ってようやく本当のニートになれたと思う。


どうもー、ふりーまんっす!ニートしてます!

ってな感じでネット上なら普通に自己紹介を済ますんですが、これリアルだと少々面倒なんですよね。

なんてゆーかニートへ風当たりが強くて・・・
他にも、どうやって生活してるの?的な質問が面倒くさい><

このブログで簡単に説明書いただけでも30分以上かかったぐらい面倒くさいんですよ。

なので、私はたくさんの仮面を用意してるのです。

続きを読む »


こんにちは、ニートです。

はい。わたしはニートなんですが、
ニートってなに?働かない人でいいのかな。

じゃあさ、働くってなに?お金を稼ぐこと?

もう少し明確に言えば、収入を得ることになるのかな。
本当にこれであってるのかな??
労働を辞書的に説明すると、労働力を提供して対価に賃金を得ること。みたいな感じだと思う。

続きを読む »


収入の話をしたので、出費の話もついでに

一言で言ってしまえば、めちゃくちゃ生活費安いんです。

家賃込みで15万ぐらいあれば悠々自適に生活できるのがニート的ライフスタイル!
何となく使って見たけど、「ニート的ライフスタイル」っていい感じの言葉じゃないですか?流行るかな( ^ω^)ワクワク??

池袋でマンションに一人暮らしです。
相当安いと思います。数年前の自分の生活と比較すると、半分以下の出費で生活しています。

なぜ、安いのかという問いにはこう答えます。
「考えているから」と。

続きを読む »


ニートってなにさ?って記事を書くに当たって、私の説明を挟むと無駄に長くなるのでここに標しておくよ!

まずは簡単な自己紹介から。
職業はニートです。
池袋で一人暮らしです。
近所のにゃんこを餌付けしてにゃんにゃんしてます。

なんか、3行で済んじゃいました。特筆すべきことなんて何も無い没個性で社会不適合な人間です。早く人間を卒業したいです。

せっかくなのでもう一つ嫌いな物でも列挙しますか。
働く事
ストレス
無駄

全てストレスに含まれてしまいますが、とにかく、ストレスを感じることを避けています。働かない理由の一つはストレスが溜まるからです。JOJOで好きなのは第5部です。

ニートとは言っても、親のスネかじったりヒモになってたりしないです。
最低限の収入は確保してます。人として最低限のラインは捨てきれていません。
この辺りをちょっと詳しく説明するのがこの記事の目的だったりします。

では本題。
続きを読む »