作成者 アーカイブ

パルテネス 2階の憂鬱

5回目のチャレンジ。
地雷、猛毒、罰金からの

_人人人人人人_
> 突然の死 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

という理不尽極まる首切り事故。それでも奇跡的に戦闘一切なしでゴールまでたどり着いた。

僧侶さんは突然お亡くなりになり回復すらできない危機的状態での生還。幸い魔法使いさまはHP一桁で息してたので、ティオメンテで速攻脱出。パーティーを整えて、イザ3階!

と思ったら2階のゴール地点はティオメンテで飛べないと知って、悪魔の双六をまた超えないといけない現実を悟ったときはさすがにアンインストールしようかと思った。

 

盗賊の憂鬱

ひゃっはーーー盗賊ハイマスターなったぜ!
これで、麻痺させたサキュバスの身ぐるみ剥いでヤリたい放題やー!!

意味もなくサキュバスの指を10本ぐらい集めたところで好事家に売りつけようと思ったら、買ってくれない・・・なんかイベントこなして、盗品売買解禁せなあかんとか。
まじかよ。アイテム欄盗品でいっぱいで馬鹿を治す薬なんてこれ以上持てないよ><

しかたないのでモッチーくん召喚した。

 

 


はい。嘘です。ゴメンナサイ。
ただのnoobです。軽戦車とかすごい苦手です。乗ってるのは調子でした。死にたいです。

ただ、ELCが3優等マークなのはほんとです。99%運の奇跡的な3優等ですけどね。
それでも、10戦に1回ぐらいはMバッチ1クラス取れるELC乗りです。
ELCが苦手っていう人の為にELCこそが最強戦車だよ!ってことを書いておきます。あと、例え奇跡でも優等マークを取れた理由も少し。

まず最初にELCが最強たる所以は強いからです。言わずもながらですが、WoT内随一の強戦車ですね。(Tier10は知りません。)
では、さっそくELCがどう最強なのかというところから始めましょうかね。

ELCが最強な理由

その1

砲。

軽戦車随一。HT並の性能があります。横や後ろなら全ての車両を貫通でき、KV-1と同等の火力、ソ連HT並の精度、早い自走砲並の装填速度があります。

その2

早い。まさにゴキブリ!最高速は言うまでもないですが、大事なのはその軽さと十二分なエンジン性能がもたらす初速です。

その3

ぺったんこ。ぺったんここそ至高です。
とにかく薄いので、敵の弾はちょっと前後に動くだけで当たりません。

で、大事なのは、車高の低さからくる隠蔽率の低さですね。驚異の0.44!しかも、移動時もほとんど変わらない!

状況を作り出す程度の能力

まあ、まず一対一ならどんな戦車にも負けません。(昔クソ猫とかいう腐れ性能な戦車がいましたが、いつの間にか太ってただのデブ猫に成り下がったので、お尻ペロペロし放題です。
ただし状況によります。当然ですが、HTと正面から打ち合ったらそりゃあ負けます。しかし、ELCには状況を作り出す力を備えています。これがELC一番の能力です。これは、様々な性能がベストマッチしているELCにだけ備わっている力です。

私が思うにELCにとって一番の状況はこれです。
HTが撃ち合う主戦場の側面を取り、隠れて打ちまくれる状況です。これを作り出せるようになれば、TOPダメージでの大口径ゲットなんてのは普通になります。観測ダメ0で大口径&Mバッチみたいな結果もELCならではです。

あとはなんと言っても一方的に打てる状況ですね。
相手の視認範囲外がベスト。茂みを使って見つからずに打ったり、打った瞬間見つかっても即座に隠れて、別の場所から射撃というのもありです。

とにかく大事なのは茂みです。こういう状況に使える茂みをいくつ知っているかがELC強さになります。特にcap負けしそうな時に、突っ込まず、少し離れた茂みから安全に処理できたら勝率に直結するのが解りますよね。

ついでに言えば、ELCは戦局を作り出す能力もあります。例えば、どうしようもないレミングスな味方の時は、開幕特攻していち早く敵を発見することで、小学生のサッカーなみには状況判断ができる味方が、見つけた敵に向かって一斉に突撃してくれます。

 

全てになり得る可能性

次に大事なことは、ELCは軽戦車ではありません。あえて分類するなら、最強戦車です。
というのも、ELCはSPG以外全ての戦車に求められる能力を持っているからです。状況に合わせて、最適な戦い方ができる戦車です。つまり最強です。

そして、状況を作り出す能力と合わせることで、相手にとって悪い状況で、ELCにとってベストな戦い方ができるのです。まさに最強です。

軽戦車に求められる偵察、撹乱、アシスト、間隙を縫っての占領、SPGの殲滅

中戦車に求められる、なんかいろいろな中途半端な仕事

駆逐戦車に求められる火力、遠距離からのスナイプ

重戦車に求められる火力、前線の構築、引きつけと足止め

これら全てがELCの為にあるような仕事ですね。DPMだけはどうしようもないですが、どんな高いDPMも生かし切る、一方的に相手を打ち続けられるような場面なんてそうそうない、というか、noobな相手以外じゃあり得ないですから特に気にすることもないでしょう。

 

ELCの欠点

特にないんですが、敢えて上げるならこの2つでしょうか。

ヘイトが高い

最強ですからね。これは当然の責務というヤツです。特にFB403からのヘイトが異様に高い気がします。開幕コイツにやられたことは数え切れない。その10倍かわいいおケツを追いかけ回して、鉛玉ぶち込んであげてますけどね。

搭乗員が死ぬと戦力半減

これが死ぬほどきついです。半減どころか1/4ぐらいになります。リロード20秒以上で、機動性はほぼ全て失う状態です。ただし、隠蔽だけは残っているので、そこを生かして何とか生き残りたいところですね。

基本的には、こんな状況になる時点で間違ってるって話です。むしろ、撃たれて生きていただけでラッキーだと思うところですね。ただし、開幕特効のred nameレオパのガトリングが運悪く命中して、運悪く車長さん死亡なんてことも希によくあるというやつです。

ちなみに救急キットは積んでません。後でも書きますが、ELCには不要です。

 

ELCの装備と乗員スキル

とりあえず、カモフラと戦友100%、車長は6感と状況判断と偵察取ってから来て下さい。

というのはさすがにムリありますので、考察でも。

意外かもしれませんが、6感は重要度低いです。というのも、ELCで不意に6感がつくことなんて希です。置偵察の仕方が悪い時ぐらい? 見つかる前提で常に行動しなくてはいけないですし、見つからない確信をもって動きべきです。ただ、これを使った逆察知とかもできるので、有用ではあります。

 

ELCでの経験値の稼ぎ方

スポットして撃つ!ただそれだけです。とっても簡単なお仕事。これが一番稼げます。
自分で発見して、敵からは見つからないようにひたすら撃ちまくるのがELCの醍醐味です。開幕でこれが決まれば2000ダメぐらい余裕でいきます。

ただし、そのためには、それができる場所が必要です。主戦場ではないこと。敵に見つからない茂みもしくは、一方的に視認できる距離。などいくつかの条件があります。これはもうマップ次第なんですが、そういう場所をいくつ知っているか、状況に合わせて適切な場所を選べるかが重要ですね。

そんな都合のいい場所は意外とたくさんあります。自分で走り回って見つけるか、上手い人の動画を見て勉強するのがいいと思います。

あと、簡単に見つからないようにと書きましたが、これなかなか難しい。私はだいたい勘でやってますが、最低限、隠蔽率と発見距離の関係は知っておくべきでしょう。更に、敵の視界と発砲補正を熟知していれば、平原のど真ん中でもスポットしつつ、見つからずに射撃を行うことができたりします。
茂み1つと、100m程度の距離さえあれば、ELCなら一方的なカモ撃ちができます。圧倒的な移動時の隠蔽率の低さもあるので、いざというときは逃げることもできますし。

 

基本戦術

ELCの立ち回りのお話。

一番大事なこと

生き残る。

これが何より大事です。終盤にELC1両がいるかいないかで勝敗が決するような場面は多いです。とにかく生き残る!味方のHTを盾にしてでも生き残る。それが勝利への道です。

射撃

撃ったら隠れる。視認が溶けたらまた撃つ。これに尽きます。
リロード時間が11秒なので、これがまたちょうど良い感じ。レティクル絞る時間も入れて、20秒以内に射撃を繰り返せればよいと思います。

 

前線の構築

HTの重要な仕事ですが、ELC一人でもできます。例えば、HT2~3両の進軍なら、先頭の車両の履帯を切ってやれば進軍が止まることが多いです。上手くいけば、一方的に殲滅もできます。

基本的には一番最前線でスポットしつつ射撃。敵の足を止めます。進軍を遅らせます。不利な配置に押し込みます。味方の進軍を促し有利な配置を作り出します。後ろのHTやDTによる援護があればなおさらです。こんな感じ。

 

最期の1両

軽戦車が最期に生き残った。もう絶望しかありません。逃げるか、一発入れるか。普通ならそんな選択肢しかありませんが、ELCなら勝てます。

1対5ぐらいなら経験的に勝てる算段が立つ場合が多いです。しかも、終盤に残ってるのはHTやDTの固い遅い系、noobなキャンパーである可能性が高いです。大事なことは、決して諦めないことと、余裕です。とにかく落ち着いてマップを見ましょう。相手の配置を把握します。プレイヤーリストを見て、どんな相手が残っているのかしっかり把握しましょう。

そして、1対5ではなく、1対1の状況を作り出します。1対1ならELCはどんな戦車にも負けません。
迅速かつ安全に1両づつ処理していきいます。常に見えない敵の動きも想像し、もし1対2な状況になりそうなら一端引いて仕切り直しましょう。敵は完全に油断しています。1両でも多く撃破しようと我先にと突っ込んできます。そこを冷静に迎え撃つのです。

特に、広いマップ、茂みの多いマップ、進路が複数あって山などで分断されているマップではかなりのチャンスがあります。red nameな敵は後回しでいいでしょう。capされたからといって焦る必要はありません。ELCには1分でマップを横断できる足があります。

 

 

1対多

いつの間にか周りの味方が溶けて、近距離でHT2両とELC1両だけ残った。こんな場合でも慌てる必要はありません。ELCが最強な理由その3「ぺったんこ」を思い出しましょう。

薄さの恩恵は隠蔽率だけではありません。横に隣接すればHTから射線が通らないのです。

そして、ELCの小ささと薄さなら、無駄にデカイだけのHTは遮蔽物でしかありません。これは撃破された残骸でも、生きていて亀のようにノロノロ動いている車両でも変わりません。つまり敵の1両を中心に対角線上に移動すれば実質、1対1になるのです。

1両にくっついて、もう一両の射線を躱しながら隙を突いて背面か背後を撃つ。リロードしてる間はひたすらくっつく。一手ミスったら終わりな状況ではありますが、顔を真っ赤にしてパソコンに向かって叫んでる、敵さんの姿でも想像してニヤニヤしながらやるぐらいで丁度良いです。

HTとDTが残った場合には、砲塔が回るHTにくっついた方が良いです。DTにくっついてHTに回り込まれた場合、DTの正面を横切らなければなりません。これは死です。HTにくっつけば、砲塔の回る方向を調節して安全に射線を切り続けられます。

敵と近い場合は、下手に逃げようとするより、接近した方が生存率は高いです。そして、ELCは接近戦も強い子です。意外と履帯防御もできます。あと、車体でぶつかっての履帯切りという神業もあります。

背後から近寄って、一発入れつつドリフトして車体横から相手の履帯に角に衝突して相手の履帯だけ切り、そのままNDK。この技は私にはできませんが、ニコ動で私が師匠と崇めるお方が解説?してますので是非。絶対的にゲームが下手な私にはこういうテクニックはムリなのです。ゲームは下手でもELCなら勝てるよ1ってことですね。

 

高度戦略

戦術ではなく戦略です。相手と味方の動きや配置、つまり戦局を完璧に把握して、最適なポジションで最適な行動をとる。

この選択肢がELCには圧倒的に多いのです。「全てになり得る可能性」を備えていることもありますが、なんと言っても最高の機動性能を生かすには、この戦局の把握が重要です。置偵なんてLTでもできますから、ELCはその次まで考えて戦略を立てていかなければなりません。

機動性と高隠蔽による速攻での偵察がELCの強みではありますが、
場合によっては敢えて姿を見せることで、敵の足を止めます。しかも隠れないで動き回って敵の射撃を誘い、進行を遅らせ、更に敵を発見することもできます。ぺったんこだからね。動いてるELCに300m超の距離から当てるのは至難です。段差や遮蔽物を駆使しつつ、打てるけど当たらない具合を演出するのです。ここで的のLTやMTが突っ込んできたら迷わず味方のところまで誘い出しましょう。退避でも撤退でもなく引きつけて連れ込むのです。

いくつかのマップには圧倒的に優位な場所というのが存在しています。そこを押さえればほぼ勝てるという。まぁ大抵は丘の上とかなんですけど。
そういう場所をELCで押さえに行くより、そこに行く敵をELCで押さえる方が良いことも多いです。noobなLTが開幕特効して偶然そんな状況が生まれることが多いと思います。これを意図的にやるのです。そして、生きて帰る。

 

 

ps.ところで、私のELCの勝率下がりまくりなんですが、それは・・・

まあ、いろいろ書きましたが、これだけできたら上手くなれるんだろーなって感じで、自分では全然できないことばかりです。最初にも書いてますが、私はnoobです。勝てるのELCだけです。
それでも、これだけできて、冷静さがあれば勝率65%ぐらいならいけるという確信はあります。中には70%超えてる化け物もいますが、あの領域は意味不明です。まず、このやり方じゃムリなんじゃないかな。もっと根本から違うのか、圧倒的にプレイヤースキルが違うのか、プラでしか参戦しないのか、チートなのか、、、たぶんスキルなんですけど。

 

という夢を見たいのさ


ちょっとかわいいアイアンメイデン見てみた。

久しぶりの映画鑑賞なので、感想でも。ネタバレはなしです。

なんだSMじゃなくてただの拷問かー

と、思ったらSMじゃねーか!
と、思ったらただのレズだったw
そんな作品。

主演は期待以上。他の配役はもうちょっとなんとかならんかったのかと。ぼっちゃり役の娘はさいこー!すごい合ってるし、演技も感じる物がある。可愛いしネ。

結構本気で、この娘主演で完全なる飼育系の作品作って欲しい。

やっぱり見所は、アイドルの本気の悲鳴だろう。「ガチ」でのたうちまわりながら悲鳴を上げるアイドルはなかなか見られる物じゃない。人によってはこのシーンだけでもこの作品を見る価値ありだろう。 ただ、このガチシーンがあるせいで、それ以降が安い演技に見えてしまったりも。
アイドルがここまでの演技見せるのはなかなか希だろう。ファンなら必見だし、そうじゃなくとも何か得るもの、気づく物がきっとあるはず。内なる自分の才能とかにw。
主演の子にまったく興味はないわたしでも、そこそこ楽しめる作品だと思います。

どうでもいいけど、酷いのは音。SEとBGMが最悪。まじ最悪。あと、衣装。安っぽい、安直な間違ったイメージが先行しすぎ。着エロじゃあないんだから、、、じゃなくないのか?まあいいか。

主演はともかく、他の二人はアイドルなのか?とてもそうは見、、、
なんで一番可愛い娘が全部さらけ出してるのに、中途半端な二人が中途半端なことしかできない配役にしたのか謎。ぶっちゃけ、AV女優にやってもらった方が100倍良いものになっただろうに。もし、客を呼べる程度に有名な方たちでしたらゴメンナサイ。

見てて不快に思ったのがあまりに不自然な胸部の隠匿。見せられないのにこういう作品出るってなんなんだか。大したものでもないのに。おっと、失言。なんというか、女優なら脱ぐとこは脱ぐし、清純アイドルしたいなら作品選ぶだろと。何がしたいのか解らない。

ストーリーは尺の都合か所々端折ってる風に感じる場面があった。原作あるなら読んでみたいなぁとwikiで調べたら、4コマ漫画が原作なのね。構成はほとんどオリジナルだろうね。なるほど、どうりで。納得。

マイベストシーン

おばさん「私は固いぞー」からの「きゃーーー><」
これは一番そそった。

 

最期に、ぽっちゃり役の矢野未夏。この子割と本気で将来に期待したい。
と思ってググってたらこんな2chまとめがw これは益々期待です!!

着エロ界の4番バッター矢野未夏が本人スレに降臨!!
http://blog.livedoor.jp/pururungazou/archives/7761115.html

 


918mStExNnL._SY679_
ちょっとかわいいアイアンメイデン

 


Screen Shot 2014-12-15 at 2.53.42 PM

鍛冶屋さん始めました!

このゲームシンプルながら中々にハマります。何も考えず遊べて着実に進んでいくゲームです。ただ、単純なシンプルゲーというわけではなく、いろいろやれることがたくさんあります。ダンジョンに冒険に出て、アイテム収集して、道具を作って売るというのが簡単な流れになっています。ストーリーもそれなりにあるようで、少しずつ入れるダンジョンが増えていきます。

このゲームの凄いところは、驚くほどサクサクプレイ出来る点です。アプリ自体が非常に上手く作られていて、まったくストレスがない!フリーズしたりバグったりということもこれまで一度もないです。こういう当たり前の事がちゃんとできているって中々昨今のアプリにはないんですよね〜

そして、ゲームバランスが完璧すぎる!アイテムの収集やレベルとステータスとかよく調節されすぎてて気持ち悪いぐらいです。

あと、課金がとっても良心的です。よくある「ゲーム内課金」と違って、1000円も課金すれば十分で、それ以上買う物もない感じです。課金すると、ゲームの進行テンポがちょっとだけよくなります。金払えば強くなるとか、そういうのはなしです。

あえて難点を上げるとすれば、グラフィックやSEは今時のゲームに比べてちょぼいです。イメージはSFC時代のゲームな感じだと。特にSEはしょぼいというか、変だったり、パターンが少なすぎたりとちょっと残念に感じます。
あと操作性が一部だけ悪いですね。左右への移動がタップし辛いのがちょっとストレスかも。まぁそれぐらいですね。

まだ魔法城に入ったところですが、簡単に攻略っぽいことでも。

序盤攻略

戦士3人、盗賊、神官のパーティーで。

序盤は魔法不要です。戦士がやたら強いです。ステータスだけでなく、両手剣の強さが飛び抜けています。

盗賊は盗むでしか入手できないアイテムがあるので、序盤から使っていった方がよいかなと。(課金するなかいなくてもいいけどw)

神官は回復役ですね。一人で十分です。アイテムをもったいなくて使えないタイプなので、回復は魔法です。

とりあえず、ガンガン潜っていって、レベルを上げます。鍛冶の方は、ひたすら防具と戦士用の武器だけランクを上げておけばいいです。クエスト用のアイテムは作らなくてもよいっぽいです。

中盤攻略

魔法都市の10階ぐらいからが中盤かなと思っています。

この当たりから物理攻撃がほぼ効かない敵が出てくるので、魔法使いが一人欲しいです。ただ、戦士スキル「バーストエッジ」は魔法扱いなので、わりとこれで代用できます。ここ大事なので覚えておきましょう。

新しい職業に転職できるようになりますが、探検家、騎士、闘士はゴミです。
この辺を以下で補足します。

探検家のアイテム取得率アップについて

探検家にはアイテムが取得しやすくなるパッシブスキルが備わっています。LUCステータスの上昇と、とどめを刺したときのドロップ率増加です。

ドロップ率増加というのは、敵がアイテムをドロップする確率が上昇するわけです。ドロップするアイテムが増えるわけではありません。あくまで体感ですが、通常敵のアイテムドロップ率は90%以上だと思います。ほぼ必ず敵を倒せば、アイテムを落としてくれます。ドロップ率増加の必要性あるのでしょうかね?

もしかすると、ボスとかはドロップ率の低いレアなアイテムを持っているのかもしれませんが、、、

とにかく、ステータス的に貧弱すぎる冒険家さんが日の目を浴びる日はなさそうです。はい。

騎士と闘士について

戦士より弱いです。もうこれ以上言わせないでください><

転職

このゲームの特徴の一つが転職システムです。Wizとかでよくあるあれですけどね。

まだ未検証なのですが、転職時に引き継がれるステータスはこんな感じになっています。
その職業で成長した分から下記の値だけ次の職業の基本ステータスにプラスされます。

  • HPとMPの5%
  • 他のステータスの10%

つまり、転職を繰り返せばどんどん強くなっていくわけです!

レベルアップ時のステータスの上がり方は、職業と性別でだいたい固定されています。この職業でレベルいくつまで上げたら、次の職業にこれだけ引き継がれるという値が出せそうですね。頑張ればカンストもできるのかもしれませんね。

おそらく転職がこのゲームを進めて行く上で一番重要な要素になってくると思います。効率的にキャラを育てていくことで攻略が捗るはずです。例えば、戦士に不足しがちなAGIを上げるには、盗賊と交互に転職していけばよい。みたいなパターンがあるように思います。

鍛冶に関しては、ダンジョン潜ってアイテム収集した方が良いのか、店で買って作って売るを繰り返すだけの方が良いのかなどこれからの検証課題だと思っています。

最後に感想でも。

知ってる人なら誰でも感じると思いますが、アトリエシリーズに近い物がありますね。ただのRPGではなく、作って売るという要素が好きな私にとても相性が良いです。

他にも似ているゲームはいろいろあると思いますが、個人的にとても近いものを感じたのが「ダンジョンに出合いを求めるのは間違っているだろうか」というライトノベルでした。

どこが、といわれると困るのですが、なんとなく印象が似てるんですよね。雰囲気というか、感覚みたいのが。まぁ、何が言いたいのかといえば、このゲーム気に入った方は、是非この小説も読んでみるといいですよっていうステマなんですけどもね。

これからも飽きずに続けられたら、今後まともな考察でも上げていきたいと思います!


前のエントリーでも書いたんですがWorl of Tanksっていうオンライン戦車ゲーやってます。FPSなゲームで戦車に乗って大砲を撃ちまくるゲームです。語り出すと一晩じゃとても足りないぐらいの素晴らしいゲームです。昨年日本法人もできて、コンシュマー機にも参入したりでいろいろ話題です。そうそう、ガルパンともなんかヤルらしです。通称WoTです。

とにかく、無料で簡単に遊べて短時間で楽しめるという、私にとって最高なゲームなのですが、いかんせオンライン対戦なので敵も味方も世界のどこかでパソコンに向かってる人間です。

どこの世界でも人間にはいろいろな人がいるです。良い人も悪い人も。

このWoTってゲームは個人の技量がものすごく影響されるんですね。うまい人はほんと巧くて、下手な人たくさんいるんです。でも、そんなことは関係なくその人が楽しければそれが一番だと思います。私はそう思ってプレイしています。ちなみに私は紛れもなく後者です。はい。。

しかし、このゲームはランダムにチームを組んで勝敗を決めるゲームでして、勝ちに必要以上にこだわる人が多いんです。その風潮の最も足るのがnoobという言葉です。newbie、初心者という意味から派生して、下手くそ、馬鹿、氏ね、fuckみたいな感じで頻繁にチャットに出てきます。大抵、この言葉を連発する人は、まさにnoobな人だったりします。

WoTの戦場にはいろんなドラマが生まれます。全くの他人である味方とうまいこと連携して逆境から大逆転して勝利を勝ち取ったりとかなかなかの勃起ものです。
うまく立ち回れて味方から褒められたり、よい点を取れたり、お金や経験値が貯まって新しい戦車をGETしたときとかすっげー楽しいんです。

良くないこともあったりしますが、大抵自分の下手くそさにイライラしたりするわけです。ほんと極まれにですが、他の人のプレイや行動にイライラさせられることがあるんですが、あまり気にせず次の戦場に挑んで忘れちゃいます。

で、昨日。寝て起きても一番に思い出されるぐらい気分の悪いものを見てしまいました。

思わずTwitterでつぶやいてしまたのですが、以下がつぶやき。

WoTですげー気分悪いものを見た。TOP tierのHTが低tierのDTをnoobとか叫びながら敵前に押し出しやがった。当然重さで押し巻けるDTはHTをkillした。HTはなぜ殺した?とかほざいてる。自分の正当性を主張しやがる。こういう人間がいることが怖いわ。

WoT知らない人は意味が分からない単語が並んでて誤字もあるもんだから意味不明だと思いますけど、ま じ であり得ない人間がいたのです。

どういう育ち方をしたら、どんな教育を受けたらこんな人間が存在してしまうのか誠に遺憾ですってやつですよ。所詮ゲームの中の話ですよ。ゲームだから許されることは多いです。人殺すゲームなんて五万とありますからね。でも、ゲームですら許されないことってたくさんあると思うんですよ。例えば味方を殺すこと。

チームで戦っている味方を撃つってゲームを根本から否定してますよね。こんなことが解らない頭イカれた人間が多いこと。

特に昨日の基地外は自分が正しいと思っての行動だからもうどうしようもない。ただただ怖いとしか言えない。彼の行動、言動全てが間違っている。徹底的に何もかもが間違っている人間だったのが信じられない。ルールもマナーもモラルも戦略も行動も発言も全てが捻れまくっていて、自分では正しいと信じている。自分をかけらも疑っていない。みんなが自分が正しいと思っていると思っている。そんな存在していることが信じられないような人間性をもった人間だったわけです。

こんなこと考えても何もなりませんが、もし本当の戦場で味方にコイツがいたらとか考えちゃって、本気で震えがきましたよ。

ぐだぐだ書いてはみたけど、やっぱりくだらない。書き始めたときは、状況を言葉で再現しようかと思ったけど、思い出すのは嫌だったので、止めた。この文章も削除して、記憶から抹消したいけど、むりっぽいのでストレス発散としてあげておこう。


少し前にWold of Tanksを始めました。軽戦車乗りが思ったことをノリでだらだら書いてみる。

上手くなったとは言い難いけど、何が良くて何が悪いかは多少判ってきて視野が随分広がったかもと感じたのが、初めて1か月ぐらいたった今日この頃。

最近、fucking noob!!って思うことが急に出てきた。
なんだこのクソnoob!!とか起こったりもしたけど、徐々に、noobを見たときの反応が笑いに変わってきた。

こうしちゃいけないって解ってるのに、なかなか思い道理に動かせないのが悩みどころ。

基本的にゲームが下手な私は、操縦や射撃が明らかに上手い人に憧れはするけど、目指す事は諦めた。たぶん、才能ってやつもあるけど、今までゲームにかけてきた時間が違いすぎるのも大きいと思う。それにアクションゲーム的なのはほとんどやってこなかった。その替わり、ストラテジーとかシミュレーションならそれなりになっていたので、大局的に戦況を眺める楽しみ方をしていきたいと思う。

いろんなnoobがいるけど、低tierはさすがに多い。でも、あれはただのnewbieが大半。noobs team!とか叫んでるそれなりに戦歴がある奴こそただのnoob。文句しか言わない奴。名人様ならちゃんと指示出して適切な配置ぐらい作り出せばいいんだよ。低tierばっかやって勝率がそこそこ高いなんて当たり前ですからね。素人狩りしてて俺つえーとか思っちゃってる可愛そうな人ですよ。
高tierでも、結構生息してる。tier8戦でtier5の軽戦車乗ってたら、経験値とダメージでTOPだったとかさすがに笑えない。

いろいろ見てる中で、間違いなく自分がTOP noobだから文句は言わないことにした。開幕特効でone shot one killなんてよくある。未だに。
マップが全然覚えられないのと、戦況によって突っ込めるラインが大きく変わるので気づいたときには手遅れ過ぎる展開が多い。

さすがに、だいたいのマップで定石のような位置取りが見えてきたけど、何していいか全く解らないマップが多々ある。エンスクとか高tier重戦車だらけのなかにぽつんと軽戦車押し込まれても、潜在意義が全く見いだせない。スポットもスカウトも必要があるとは思えないマップ。といあえず、うろちょろして、中盤まで生きてたら自走砲に向けて突撃することぐらいしか仕事を見つけられない。
サウスコーストとかもマジ地獄。
慣れたマップでいい位置取りできても、見方が付いてきてくれてないとただの暴走になってしまうし、難しところ。こういうのはベストを尽くしたつもりなのに全然ダメっていう展開が続いてようやく見るべき物が分かってくる感じ。

定石がつかめてくると、逆にそれを狙い撃つポジションも見えてくる。絶好のスポットポジションは絶好の狙撃対象にもなる。カレリアで北東陣営が南東の丘取っても、そこに大量に上り詰めたら、南西のベース付近から丸見えで狙撃し放題になったりとか。
プロクホロフカの西の茂みなんて有名すぎるポジションは、そこに向かう軽戦車をスポットする為だけのポジションについて、敵が定位置に着くのを見計らってから、一斉射撃。その後、悠々とそのポジションに移動してみたり。

戦車1つとってもいろいろな楽しみ方ができるし、マップ1つでも配置や展開によって幾重にもストーリーが組み上げられる。大層にいえば無限大の楽しみ方があるといったところ。

今のところ、本当に軽戦車ばかり乗っているので、これから先重戦車や自走砲の楽しみも待っていると思うと、本当に楽しみは広がる。

さて、今日も軽戦車で重戦車や駆逐艦をおちょくりに出撃しますかねー


今日は珍しく、スケジュールに予定を入れてみた。しかも3つも。
予定通り、昼頃に起きて、コーヒーとタバコを買いにコンビニへ。

はい、折れました。心と体が尽き果てました。

なんて言うか、夏でした。予定は全てキャンセル。

ちょっと早いけど、夏休みと言うことでしばらく休養したい。


村上春樹が嫌いだ。

読んでる途中にはとても暗い気持ちになる。
面白すぎて、途中で止められなくなる。
途中で止めてしまうと、気分が滅入ったままの上、続きが気になってしょうがなくなる。
何も手につかなくなる。

村上春樹の本を読むときは覚悟と時間が必要だ。

続きを読む »


特に書くことも決めてないけど、ニート辞めて何してるか的なことでも。

ここ1か月ほど、完全に引きこもってサイト作り続けています。まったく休日とか関係なく、年末も正月もひたすらパソコン叩いてる状況が続いてる。

お陰で、身体にガタが出てきた。主に腰と肩と背中と首が痛い。

ここまでやっても、まだまだサイトの完成は見えてこないという、ちょっと大きい物に手を出したかなって感じ。

それ以上に希望が見えてるからいいんだけどね。

今は100%サイト制作に向かっているので、読書もしてない。いや正確には読書はしてる。全部技術書。分厚くて高い、文章よりコードが多いような本。今月の書籍代が2万円に迫ろうとしてるぐらいジュンク堂で買って読んでる。

サイト制作といっても、得意分野とずれた内容が多いので半分は勉強に費やしてると思う。今はEC2のインスタンスのCPUが常に90%オーバーになるようなスクリプトを延々と動かしてたりする。

寝てる間に動かしておいた処理の結果が出たので、更に処理をぶち込んで、その処理待ちの30分を使ってこんな文章を書いてみている。

たぶん、こんなに勉強っぽいことしたの中学生の時以来。

たぶん、もう2か月はこんな状態を継続すると思う。そこでうまくいけば、もう数年こんな状態を続けることになると思う。失敗すれば、晴れて念願のニートに戻れるけどね。

本当は、もう少し集めた情報のアウトプットもしていきたいのだけども、そういう余裕はないんだよね。ブログ用のネタは10個以上溜まってるけど、まとめる時間を作る気も起きない。

いくつか作りたいサイトがあるのだけども、時間を割きたくない。

とは言っても、生活はニートと変わらない。ひたすら家で何かしてるだけ。ゲームや下らないことに費やしていたのが、サイト制作という一つの事に向かっただけ。ゲームの攻略考えてたのが、言語や学術的な勉強に変わっただけ。読書の内容が小説から技術書に変わっただけ。

ちょっとだけ、集中してる時間が長くなって、その反動が身体に出てるだけ。

来月には金銭的余裕も出てくる予定だから、週1マッサージ通ったり、温泉いったりすれば大丈夫。

そろそろ、処理が終わる頃。週に1回ぐらいはこのブログも更新していこうと思う。


マルドゥック のコピー究極の喪失感。

ひたすら失い続ける。手に入れてはまた失う。

これ以上の喪失感を今まで感じたことはない。
しかし、それを上回る前向きさ。直向きに前へ進む。まるで後ろを見る暇さえもなくす為かのように走る。疾走。

この喪失感を助長し、更なる絶望を感じさせるは、最後に失う者の大きさ故。
最後に失うことが解っているから。
決定付けられているから。
最後の最大の喪失を目指して紡がれた物語だから。

続きが気になる、知りたくないと思う矛盾。

遷移、加速、その先には絶望、しかないのか。その答えを求めてページを開こうと思う。