月別アーカイブ: 1月, 2013

特に書くことも決めてないけど、ニート辞めて何してるか的なことでも。

ここ1か月ほど、完全に引きこもってサイト作り続けています。まったく休日とか関係なく、年末も正月もひたすらパソコン叩いてる状況が続いてる。

お陰で、身体にガタが出てきた。主に腰と肩と背中と首が痛い。

ここまでやっても、まだまだサイトの完成は見えてこないという、ちょっと大きい物に手を出したかなって感じ。

それ以上に希望が見えてるからいいんだけどね。

今は100%サイト制作に向かっているので、読書もしてない。いや正確には読書はしてる。全部技術書。分厚くて高い、文章よりコードが多いような本。今月の書籍代が2万円に迫ろうとしてるぐらいジュンク堂で買って読んでる。

サイト制作といっても、得意分野とずれた内容が多いので半分は勉強に費やしてると思う。今はEC2のインスタンスのCPUが常に90%オーバーになるようなスクリプトを延々と動かしてたりする。

寝てる間に動かしておいた処理の結果が出たので、更に処理をぶち込んで、その処理待ちの30分を使ってこんな文章を書いてみている。

たぶん、こんなに勉強っぽいことしたの中学生の時以来。

たぶん、もう2か月はこんな状態を継続すると思う。そこでうまくいけば、もう数年こんな状態を続けることになると思う。失敗すれば、晴れて念願のニートに戻れるけどね。

本当は、もう少し集めた情報のアウトプットもしていきたいのだけども、そういう余裕はないんだよね。ブログ用のネタは10個以上溜まってるけど、まとめる時間を作る気も起きない。

いくつか作りたいサイトがあるのだけども、時間を割きたくない。

とは言っても、生活はニートと変わらない。ひたすら家で何かしてるだけ。ゲームや下らないことに費やしていたのが、サイト制作という一つの事に向かっただけ。ゲームの攻略考えてたのが、言語や学術的な勉強に変わっただけ。読書の内容が小説から技術書に変わっただけ。

ちょっとだけ、集中してる時間が長くなって、その反動が身体に出てるだけ。

来月には金銭的余裕も出てくる予定だから、週1マッサージ通ったり、温泉いったりすれば大丈夫。

そろそろ、処理が終わる頃。週に1回ぐらいはこのブログも更新していこうと思う。


マルドゥック のコピー究極の喪失感。

ひたすら失い続ける。手に入れてはまた失う。

これ以上の喪失感を今まで感じたことはない。
しかし、それを上回る前向きさ。直向きに前へ進む。まるで後ろを見る暇さえもなくす為かのように走る。疾走。

この喪失感を助長し、更なる絶望を感じさせるは、最後に失う者の大きさ故。
最後に失うことが解っているから。
決定付けられているから。
最後の最大の喪失を目指して紡がれた物語だから。

続きが気になる、知りたくないと思う矛盾。

遷移、加速、その先には絶望、しかないのか。その答えを求めてページを開こうと思う。


2013年です。おめでとうです。
正月といえば気になるのはLucky Bagの中身です。
さっそく、レポが飛びまくっているのでチェックしてみました。

スクリーンショット 2013-01-02 16.05.06どうやら、iPad miniはまったく入っていないようですね。事前予想では結構ランク高かった印象なのに意外。まぁわたしはいらないですけど。

大当たりがMBP airで、次がiPad retina(4世代)、「外れ」だとiPad nanoといった感じみたいです。
どれもとってもお得な内容になってますが、去年の外れはiPad touchだったので、しょぼくなった気もしなくもないですね。iPad nanoは12800円なので、そこそこ値段の張る周辺機器が付いてはいますが、33,000円ぶんの満足感、お得感がちょっと薄かった方も多いようです。

アップルオンラインストアでは今日(2013年1月2日)限定の初売りセール真っ最中!!
http://store.apple.com/jp/browse/campaigns/jny
気になる商品がある方は要チェックです!!わたしはMacBookPro 13inc Retina を注文しました。積年の思いが実りました。でも、値引きは8,000円だけで、ん〜って感じw

以下レポ紹介。 続きを読む »


読みたい本

ワンクリック

ソーシャルエンジニアリング

AWSクラウドデザインパターン

読んだ本

アンドロイドは電気羊の夢をみるか? / Do Androids Dream of Electric Sheep? / フィリップ・K・ディック

マルドゥック・ヴェロシティ 1〜3

SAO プログレッシブ001

ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング

その他、漫画、軽いの多数

感想

少なっ!!読みたい本、先月と変わってないし。
いくら忙しいからといっても、これはないな。
今月は、最低10冊ぐらいは意義のある読書をしよう。

先月の読書


揺れる窓。叩きつける豪風。

窓の外の1匹の猫。
窓を挟んで絡み合う視線。
哀愁の瞳。そして、一鳴き。

にゃー

開く手。駆け寄る猫。
猫の入室。いつもの光景。

猫の出入り口。風の通り道。
数センチの隙間。
数センチx2メートルから侵入する風。

耐えきれぬ極寒の予感。
成熟した信頼の予感。

餌を与える手。
窓を閉める手。

閉鎖。

退路の喪失に気づく猫。
彷徨う視線。
絡み合う二つの視線。

決壊。

号泣。

赤子のごとく鳴き叫ぶ。
哀愁に満ちた視線。
不快、後悔、喪失の予感。
窓の開放。
瞬間戸惑う猫。
逃避に向かい全力疾走。

消えた猫。
消えた信頼。
残った餌。