そろそろお盆の連休シーズンですね。
わたしは毎日夏休みですけどw

それにしても暑い!暑すぎて引きこもりにも磨きがかかってきました。
そこで、前々から思っていた事を試してみたいと思います。

1日が24時間では少なすぎる。

この24時間って縛り、わたしにはすこし窮屈過ぎます。
わたしは1日の活動時間を20時間、睡眠時間を12時間欲しい人間です。

そこで、1日という区切りをなくしてみたいと思います。

ついでに食生活も変えてみます。
朝ご飯、昼ご飯といった分け方をなくし、腹が減ったら満足するまで食べることにします。

という何とも無意味な行為を8月の頭に数日間続けていたが、それはもう酷い事になりました。
どんな状態になったかと言うと、
常に眠い。どうしようも無く眠い。12時間どころか18時間ぐらい寝たけどまだ眠い。
お腹が空かない。10時間ぐらい何も食べずに活動してるのに、空腹を感じない。ただ、口に入れればちゃんと食べられる。意識して食事を取らないと栄養失調の兆しが見え始める。
こんな状態でいると、当然やる気が何も起きません。完全に無気力。一日中ごろごろしてました。当初はブログでレポートしようと意気込んでいたのですが、全く手つかずでした(なので今頃アップしてます)。
まだ自我が残っているところで、危険を感じこの実験は終了。もう少し続けていれば1日32時間の生活に慣れることもできたかもしれませんが、それより早くいわゆる廃人になってしまうと思います。

1日24時間っていうのは、地球とか太陽とかすっごく大きな物の仕組みなので、ちっぽけな人間ごときが勝手に変えようとしたりなんかしちゃダメですね。

広告